忍者ブログ
ここは朔が支配人を務める劇場《閑古鳥の啼く朝に》のサロンです。上映案内から、日々のつれづれ事まで。          のんびりまったり更新中。renewal:07/05/02
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
        
   
[PR]
2020.07.09 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

        
   
当世風携帯電話
2015.06.16 (Tue)
どうでもよい話。
今日、某ケータイショップに、「ガラケーからスマホに変えたいんですけど…」と行ってきた朔さん。
笑顔の店員さんが愛想良く応対してくれて、料金プランを見せてくれたけど、正直、今現在のガラケー月額料金が2300円くらいしかない朔にとっては、どう考えても無駄としか思えない…。
挙句、店員さんも「こりゃダメだ」と思ったのか、ガラケーのままでもっと料金を抑えられるプランを教えてくれました。そしたら月々2000円くらいになる。笑
もうますますもって、スマホに変える意義を見失ってしまいました。
そもそもスマホに変えようかな~と漠然と思い始めたのは、
・今使ってるガラケーが時々ブラックアウトするようになった
・海外旅行先で使えるようにしたい
・みんな持ってるし……将来的にも、変えるなら今かなぁ……??
という漠然としたもので、もともと、料金抑えるためにも、スマホに変えてもネットは極力使わないつもりでした。そしたら、店員さん曰く、「ネットは使い放題のプランしかない。ネットをはずしたら、メールも使えなくなる」とのこと。
心は、ガラケーの新機種にしようかな…、と傾くも、でもやっぱり将来的な問題を考えると今スマホにしておいたほうが後々楽なんじゃないか…と思ったり。
とりあえず店員さんが海外で使えるガラケーの新機種のパンフをくれたので、それを持って家電量販店に行ってみようと思います(というか、そのガラケーは店頭に置いてないし、取り寄せにどのくらいかかるか分からないから、近くの電気屋さんに行って探した方が良いって言われた。笑 なんとも商売っ気のない店だ)。
で、格安スマホなるものの説明も聞いてみて、説明が理解できて料金プラン的にも納得できたらスマホにして、出来なかったらガラケー継続ということになりそうです。
てゆーか、どうしてみんな高い料金払ってまでスマホ持ちたがるのか不思議……

拍手[1回]

PR
        
   
え、ちょっと……?
2012.02.28 (Tue)
ちょっと待って……?

 楽しみで待ちきれなくて、今日も注文したソファの画像を眺めていたら……

 【重量】 約33kg
 【本体サイズ】 幅1720~2030×奥行き720×高さ780(mm) 座面高390(mm)
 【梱包サイズ】 (1個口)幅1750×奥行き750×高さ670(mm)

 って書いてる……??
 待って?
 それって、朔の身長よりも随分大きくて、体重がそんなに変わらないものがやってくるって……そういうこと???
 え?
 朔、知らない人を部屋に入れたくないから、玄関までしか配達頼んでないよ?
 ……玄関から部屋まで、朔 ひ と り で 運 ぶ の ?
 え、それって可能……?

 あ、やば。
 心配になってテーブルの方も見てみたら、組み立ては(女性)2人以上でって書いてる……。
 どうやら、硝子が重いらしい……。
 
 う、うふふふ……。
 なぁんだか、果てしなく心配になってきたぞ~?
 
 マジで、これって可能なの……???

拍手[0回]

        
   
朔さん、ナンパされるの巻。
2012.02.16 (Thu)
 さて。

 朔さんの職場は、同じ業種のお店がずら~っと並んでる街(京都はそういうの多い。家具作り屋さんが集まってる街とか、染物屋さんが集まってる街とかetc.)にあるわけですが。
 今日のお昼過ぎ、お使いを頼まれて、2本ほど離れた通りの顧客のお店まで徒歩で出掛けたのです。
 が、実は朔さん、数日前に立て続けに右目分だけコンタクトレンズを洗面台に流してしまい、あんまりにもムカついたので、現在眼鏡を使用しているのですが……
 マスクしてると眼鏡が曇るので、外出時には眼鏡をはずして裸眼で歩くのです。
 ……そしたらまぁ、面白いくらい視界良好なわけですな。

 それでも、行き先は勝手知ったるお店なので、見えなくても道分かるし、裸眼で出掛けたわけですよ。
 で、しばらく歩いてたら、突然背後から、男の人に声を掛けられたわけです。
 
 朔⇒相手の顔がよく見えない・ここはお得意様が集まってる街・
   それぞれのお店の御主人や若主人レベルなら顔も覚えてきたけれど、
   従業員の顔までは全部覚え切れてない

 なもんですから、フツーに「こんにちわ~」って声掛けられたから、こちらも「こんにちわ~」って返してしまったんです……
 今考えると、ここで「いつもお世話になってます」も言っておけば、向こうも変な顔して、朔も早めに「あれっ?」と気付いたと思うんですけど……。

 で、以下、相手は知ってるお店の従業員だと勘違いしてる朔と、ナンパ男の会話。

男「お散歩ですか?」
朔「いえ、お使いですー」
男「そうなんですかー。近くですか?」
朔「ちょっと○○さん(屋号)のところまで」
男「へー(←今思うと、絶対コイツ知らんだろ)。マスクどうしたんですか? 
  インフルエンザですか?」
朔「(唐突な質問に戸惑いつつ)いえ、この間まで風邪引いてたんで、予防にと思って」
男「ああ、インフルエンザとか流行ってますもんねー」
朔「ですねー」(この辺りまで、朔は本当に関係者だと思ってた)
男「さっき見て、可愛いな~と思って声掛けちゃいました。
   アイドルが歩いてるのかと思って」
朔「?!」
男「お茶でもどうかなーと思って。5分くらい。ちょっとだけ。どうですか?」
朔「(ナンパだとようやく気付く)いえ、今、勤務中なので……!」
男「あ、ですよねー。じゃあ、仕事終わってから! 時間ないですか?」
朔「いえ、もう本当に……。すみません……」
男「あ、困っちゃいますよねー。すみません~」

 ……ここまで、ずっと横に並んで歩きながらの会話でした……。
 何なんだ一体……。
 ちなみにまだ続きがあります。

 なんとかお使い先のお店にたどり着いた朔は、実は怖くて後ろを振り返れてなくて、男がついて来てたら……!と思うと、店先で名乗ることも出来ませんでした(朔の身分を男に聞かれたくなかった)。
 で、お店のドア閉めてからようやく名乗って要件を済ませると、対応してくれたおじさんが「仕事頑張ってね」って優しい声を掛けてくれたので、気分も浮上して、ちょっと浮かれながら帰り道についた朔は……
 なぜか通い慣れた道(=さっきと同じ道)を歩いていた……!!

 通りに入った瞬間、ヤバい……!とは思ったものの、ぼけやた視界の先にはもうすでに嫌な予感のする人影が……
 案の定でした……。

男「早かったですねー。どこ行ってたんですか?」
朔「(さっき言っただろうが……!)××さんのお店(正式名称)のところです……」
男「へー。どこに勤めてるんですか? この近くですか?」
朔「…………」
男「あ、困っちゃいますよねー」
朔「あの、もう本当に……。失礼します……!」

 尾行されたら……!と思うと、まっすぐ帰社していいものか迷ったけれど、角曲がるたびに後ろ振り返りつつ足早に戻りました……。
 
 それにしてもね!
 あの男、絶対頭おかしいですよ
・普段あの界隈は、観光客が時々迷い込んできたりする他は、その筋の人しかいない街
・一般のマンションも片手に満たない数ならあるけれど、フツー近所でナンパはしないでしょ
          ↓
  ナンパするにしても、場所がおかしい
・「アイドルが歩いてるのかと思って」というセリフ
・朔のいでたちは例によって例のごとく、コート&帽子&マスクで、目元しか見えない格好
・しかも男は背後から声を掛けてきた
          ↓
  まずフツーの神経してたら、見え透いたお世辞だとしてもそんなセリフ言わない
  矛盾してるし、とにかく発言が気持ち悪すぎる

 と、こうやって思い返してみると、なんで朔が謝ってんの……と自分に腹が立ったり……。
 ムカつくわー、ナンパ男……!
 あああもうなんで朔、関係者だと思っちゃったんだろう……
 だってあの界隈で朔に声掛けてくるのなんて、絶対に関係者だと……!!
 うっかり名乗っていたら、と思うとホント気持ち悪いです。
 しかも朔、最後まで相手の顔がはっきり見えなかったから、今後避けようもないことに今気付きました……。
 またこういうことがあったら、無言で近くの関係者のお店に逃げ込もうと思います……。
 てか、絶対にもう二度と会いませんように……

拍手[1回]

        
   
女装ノ心得
2012.02.02 (Thu)
 えー……。
 …………。
 うん、思わず言葉を探してしまうのだけれども。

 何から説明すればいいのか、
 とにかく、朔は先週の日曜日、朝8時過ぎ、市営地下鉄烏丸線の車内で、女装男子に遭遇したのですよ。
 車内は休日の朝だったのでそんなに混んでない状態。
 席は1つのシートに1つか2つ空席があるくらい。
 立ってる人も少々。
 で、朔はいつものように電車に乗ったところ、入口すぐ横がぽっかり1人分空いてたんです。
 日曜日と言えば風邪引いて強制的に病院行かされた翌日で、まだフラフラしてたんで、ラッキー♪……と思うヨユーもなく、そこに座ったのですよ。
 座る直前、その横に座ってた人とちらっと目が合ったのですが……

 黒髪ロングのストレートの前髪長めパッツン(厚め)
 マスクしてる
 目元しか見えないけど、結構カワイイ(アイメイク、結構気合い入ってる=睫毛濃い感じ)
 高校生か、大学1,2生くらい

 ちらっと見た印象はそんな感じでした。
 でも朔は元々車内の人間観察とかしない方なので、別に気に留めてなかったんですが(だるくてそれどころじゃなかったというのもある)、なんかよく分かんないんですけど、すっごい違和感があったんですよ。
 なんか落ち着かない、なんか変……っっていう感じが。

 で、今更横に座ってる人をまじまじと見る訳にもいかないからよーく思い出してみたら、
 髪の毛が……
 髪の毛が、多分胸より長くておへそくらいまで伸びてたと思うんですけど、
 ぜんぜっん! 綺麗じゃないんです!!
 女の子の、綺麗にお手入れされたツヤツヤ美髪じゃなくて、
 なんというかこう……1年位放置してあったリカちゃん人形の髪というか……
 まぁ要するに、一応ストレートはストレートなんですけど、途中で絡まってる筋があったりとか、静電気?でまばらにコート(ピンクのふわふわハーフコート)に張り付いてるのがあったりとか……
 よく考えたら、……ウィッグ?みたいな……。

 そう思った瞬間、生きてる人間の髪じゃない!って思うとその長い黒髪にぞっとしました、正直。
 あ、女装に対してではありません。
 顔可愛かったし。笑(目元しか見えなかったけど)
 話戻しますけど、なんか、抜けてる髪の毛とかって、異様に怖いですよね……、ホラー映画でもよく出てくるし。
 なんかその延長で、手入れされてないウィッグが気持ち悪かったんだと思います。
 手入れしてあれば、お洒落の一環みたいで大丈夫なんですけど。

 で、えっ、かつら?!→もしかして……女装してる人?!
 となり、ちらーっと見ると、スカートから覗くタイツの膝が……ゴツイ。
 座る脚が若干がに股……。

 ……嗚呼、なんと勿体ない……。

 本当に、なんて勿体ないんでしょう!!

 声を大にして言いましょう、勿体ない!!

 朔、これまで現実で女装してる人について深く考えたことがなかったんですけど(『聖家族』書いててなんですが。笑)、冬って、マスクしてれば顔の半分は隠れるし、コート着てれば体型もかなりカバーできるし、タイツ穿いてればすね毛も隠れる、さらにブーツ着用でふくらはぎの筋肉も隠せる!、めっちゃ女装に適した季節じゃないですか?!
 これで黒髪ロングのウィッグかぶれば顔の輪郭も修正出来るし!!
 一気に清楚なお嬢様ですよ?!

 なので!!

 女装する男性諸君に言いたい。
 ウィッグの手入れは怠りなく!
 それは帽子ではありません。
 髪が綺麗だというだけで、美人度は上がります(と寝ぐせを直せない朔が言ってみる)!
 この寒さの中、短いスカートを穿く姿勢は評価します!
 が、座る時、必ず膝は揃える(と何度言ってもうちの妹君は男座りします……)!!
 歩く時も、楚々とした佇まいをお忘れなく!(がに股NG! がに股NG!!)

 これであなたも立派な女装男子です。
 目元と雰囲気だけで勝負できます。
 しゃべらなければオールオッケーです。
 
 朔、こう書きながら、カッコいいお兄さん<女装の似合うお兄さん、なことに気付きました。笑
 あ、でも、20代も半ば以上の年齢の方は、余程童顔でもないかぎり、あんまり見たくはない、かなー……。
 大阪駅で、これはもう通報されても仕方がないと思われるようなオッサンの女装を見た時は、本当にげんなりしましたので……。
 女装は、「女装してる自分を客観的に見れ(て、似合ってるかどうか判断出来)る人」だけが楽しめば良いと思います! 

(※性同一性障害等の方はこの限りではありません。あくまで趣味として女装している人についてです)

拍手[1回]

        
   
ホントーはね。
2012.01.28 (Sat)
 木・金と二連休だったから(その代わり土日出勤)、どっちかで、買い物ツアーに出掛けるはずだったのさ。
 市バスの一日乗車券買って、三月書房、カナート洛北、恵文社、気力があれば北大路ビブレでダヤンも。
 もうすっごく楽しみにしてて、ずっと天気なんかも気にしつつ、木曜日は雪マークついてるし出掛けるのは金曜にしよう、木曜は家の用事全部済ませよう!とか、それはもう張りきっていたのさ。
 それがさ、それがさ……っ!
 なんでいきなり風邪引いてんだ……!!

 木曜日、起きたら明らかに喉痛いよーーー……。
 でも出掛ける明日だし、まいっか、今日は安静にしておこう、と思って寝てたら、なんかヨユーで20時間くらい寝ちゃってたよ……!!
 ご飯は2食で、お風呂にも入らずに、喉渇いた⇒白湯を飲む⇒寝る⇒トイレ……⇒喉渇いた⇒白湯⇒寝る……をエンドレス。
 気付いたら金曜日ってどーゆこと?!
 しかも風邪悪化……!!!!
 ヤバイ、これインフルエンザだったら、朔、寝てる間に死ぬかも……!!
 というくらい意識も朦朧としてて、トイレも白湯も、体が勝手に動く感じ。
 本能?
 買い物ツアーなんて行ってる場合じゃないし。
 体温図ろうにも、入れ物はあるのになぜか本体だけどっかいってるし……!
 何故?!
 どこいった、体温計……!!

 金曜日のヨユーの20時間超え睡眠した後、どうにか今日は出勤しましたが、出勤した瞬間、病院に行かされました。笑
 そこの医師いわく、インフルエンザのなんたらかんたらは大体2日で~~~……、という話で、どうやら平熱みたいだし、検査結果も陰性なので、まぁ他人にうつす心配はないだろう、とのこと。
 でも大量にお薬貰って帰ってきました。
 というか、職場に復帰しました。

 まぁでも、朔さんてば、いっつも病院に行くの、「治りかけ」になってからなんですよねー……。
 よく考えれば、ひとり暮らししてて、つらさがピークの時に病院行くなんて、絶対不可能ですよね、それこそ、救急車呼ばないと。
 だって意識朦朧だし、まっすぐ歩けないし。
 どうやってその状態で、ひとりで病院に行けと?!
 まぁ朔さんの場合、体力がないから、治りかけから完治まですっっっごく時間がかかるので、そこを薬に助けてもらうんだ、と考えれば病院に罹る意義があるのかもしれませんが、なんだかどうも、問診するたびに、「昨日までは熱があったと思います(今は平気です)」「咳と鼻水がひどかったです(今はだいぶマシになりました)」みたいなのがね……。
 だったら病院来るなよ、って自分でつっこみたくなるんですけど……。苦笑

 本当に、あとは体力の問題だー……
 意識ははっきりしてるし。
 でも薬のせいでめっちゃ眠い……。
 そして、少し歩いただけで息切れがすごい……。
 風邪ひくと、どうして息が荒くなるんでしょう?
 不思議です。

 そんなわけで、朔さんは明日も仕事です。
 で、月曜がまた休み。
 月曜に買い物ツアー行けたらな……と思うのですが、絶対そんな短期間に完治しないので、泣く泣くあきらめます……。
 というわけで、明日は無理ですが、月曜には上映を再開できればなと思います。
 5日はまた茶会なので、絶対それまでには治します。
 じゃないと、また朝5時前起きとかできもの着てなんて出掛けらんない……!

 気合いだ、気合い……!
 ……気合い、で、治れば、いいナー……。

拍手[0回]

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]